• ホーム
  • 将来の医療制度のあり方とは

将来の医療制度のあり方とは

ピザを食べる肥満女性

医療制度の在り方は現代の日本で最もよく議論される分野の一つです。
現代の日本はさまざまな問題を抱えていますが、その根底部分にあると指摘されるのが少子高齢化の傾向です。
現役世代が減りリタイア世代が増えると言う社会の在り方は、税収減と社会保障費増の二つの事態を招き医療費支出と言う部分で大きな負担を強いるようになります。

ではこうした問題を抱えている日本の中で将来の医療制度の在り方としてはどういった形が好ましいのかというと、これはいまだに結論が出ていない分野です。
いかに必要な部分であると言っても限られた予算を割り振って国を運営していくしかないのですから、税収減と社会保障費増の問題は医療の在り方にも大きな影響を与えると見て間違いないでしょう。
そうした中で今後の医療の在り方としてよく言われるのが「健康保険制度そのものの変更」です。

例えば市販薬と同等の成分を含んでいる薬の処方に関しては完全自己負担にするべきだといった意見や、健康保険で国が負担する部分の割合を減らすべきだと言ったような意見はよく見られます。
また現在すでに行われている変化と言うことであれば、「ジェネリック医薬品の利用の推進」という医療の在り方が挙げられるでしょう。
ジェネリック医薬品とは既に特許の切れた医薬品成分を利用して作られる安価な同等品のことで、薬価が先発品の半額近くに押さえられていることが多いため医療費負担の削減には大きな貢献をしてくれます。
ただ現状ではまだジェネリック医薬品に対する不信感を持っている人がおり、またこれまで使ってきた先発品を使いたいと言う意見を持つ人も多いため、求めるような効果が出るのはまだしばらく先のことになるでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧